足つぼマッサージの力加減を変えると?

足つぼマッサージは、肩こりやむくみ、内臓など、様々な体の不調に効果が得られると言われていますが、足つぼには「痛い」というイメージがあり、程よい力加減と痛い力加減では効果が効果に違いがあるのか検証されています。

肩が痛いという場合に増帽筋を、うっとりとした足つぼマッサージと痛い足つぼマッサージを行うと、それぞれ血行が促進されますが、痛いマッサージの方が即効性に優れているのです。

むくみでは腎機能という反射区を、うっとり&痛い足つぼマッサージを行うと、うっとりな力加減の方がふくらはぎに触らずとも足の幅を1cm程度細くすることができますよ。

肥満に効果のある肝臓の反射区も、うっとり&足つぼマッサージを行うと、体重に変化は見られないが体脂肪を燃焼する効果は得られますので、うっとりな力加減でマッサージしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事